トグロを巻いていたハブ

 リュウキュウアカショウビン(7/9投稿記事)と同日の夜間散策の一幕。
 オットンガエルがいそうだな~と林道脇を探していたら、倒木の下でトグロを巻いたハブを発見しました。
 ハブは2mを超える大きさになりますが、この個体は1mほどでした。

トグロを巻いていたハブ
トグロを巻いていたハブ

 しばらくの間、観察していると少しだけ移動して、舌をペロペロと出していました。

舌を出すハブ
舌を出すハブ

 最近は夜の山に繰り出す度に、ハブと遭遇しています。
 奄美大島に暮らす以上、夜間の外出は常にハブの危険性が伴います。
 ハブは、トグロを巻いた状態から体長の3分の2程度は咬みつくことができるといわれています。
 距離に余裕をもって観察しましょう。

 

Follow me!

トグロを巻いていたハブ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。