リュウキュウアカショウビン

 久しぶりの生き物散策。
 1歳の息子も連れて、家族3人で夜の山へ行ってきました。
 奄美大島の生き物は夜行性を示す種が多いことも特徴の1つであり、この日も様々な出会いがありました。
 しばらくは昨晩の観察記録を紹介していきます。
 
 今回、走行した林道ではほぼ必ず見かけるリュウキュウアカショウビン。
 夜は特に紫色みがはっきりとしています。
 夜間は樹上で休息し、枝先にいることが多いです。

樹上で休息するリュウキュウアカショウビン
樹上で休息するリュウキュウアカショウビン

 夜間、枝先にいることが多いのは、樹上を登ることもあるハブに早く気づくためではないか、ともいわれています。
 少し離れた場所にもう1羽いました。

リュウキュウアカショウビン
リュウキュウアカショウビン

 こちらは以前、加計呂麻島で撮影した昼間の個体。
 水浴びをしたばかりのようで、羽根がびっしょり濡れていました。

リュウキュウアカショウビン
リュウキュウアカショウビン(昼間)

 最近は室内にいる時間が長かったので、最高のリフレッシュになりました!

Follow me!

リュウキュウアカショウビン” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

カジノキ

次の記事

トグロを巻いていたハブ