リュウキュウアカショウビン

 例年、GW頃に奄美大島へ渡ってくるリュウキュウアカショウビン。
 起床時から鳴き声が聞こえてくると、幸せを感じさせてくれる鳥です。
 今年の夏はあまりフィールドへ出られず、観察・撮影する機会は少なかったです。
 ただ、アカショウビンの名前と鳴き声を覚えた息子と、実際に観察できたのは嬉しかったです!

 こちらは目の前を横切り、近くの枝に止まった個体。
 奄美大島では鳴き声を聞くことや、ほんの短い間だけ観察できることはしばしばありますが、じっくりと観察できることは少ないです。

リュウキュウアカショウビン
リュウキュウアカショウビン

 こちらは5年ほど前から毎年同じ場所で休息している(おそらく同一)個体です。
 例年、2羽で寄り添うように休息する姿も観察していたのですが、今年はそれも叶わず。。

リュウキュウアカショウビン
リュウキュウアカショウビン

 最近はこの夏に巣立った幼鳥を見かけることが増えてきました。
 繁殖が終わった親鳥は、フィリピンなどの南の地域へ戻って、越冬していると思われます。
 残り短いリュウキュウアカショウビンの滞在期間。
 今年はあと何回、お目にかかることができるでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

リュウキュウヨシゴイ

次の記事

巣立ち直後のセッカ