リュウキュウヨシゴイ

 奄美大島の留鳥で、観察難易度が高い鳥の一種であるリュウキュウヨシゴイ。
 田んぼのあぜ道で久しぶりにお目にかかることができました。
 車で通り過ぎようとしたところ、頸をまっすぐに伸ばして「擬態」のような行動をとっている個体に気付きました。
 周りが草丈の高い場所であればもう少し馴染むのでしょうが、今回はすぐに見つけられました。

リュウキュウヨシゴイ
リュウキュウヨシゴイ

 しばらくの間、この姿勢をとり続けていたのですが、やがて頸を折りたたんで、草の中に入っていきました。

リュウキュウヨシゴイ
リュウキュウヨシゴイ

 私が中学生の頃は、校庭横の川でも比較的観察できました。
 しかし、私が社会人として奄美大島に戻ってきてからは、明らかに観察頻度は低くなっています。
 生息地である湿地環境の消失や環境変化によるものでしょうか。
 今回は運よく真昼間に見つけれましたが、まだまだ満足する写真が撮影できていません。
 また時間を見つけて訪れてみようと思います!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

アマミイケマ