オビトカゲモドキ(徳之島)

 徳之島へ行くと必ず観察しておきたくなるオビトカゲモドキ。
 徳之島固有種で、奄美大島にはトカゲモドキの仲間すら分布していません。
 
 オビトカゲモドキは、外敵から襲われたり、闘争したりすると、しっぽを「自切」することがあります。
 この個体は完全尾。まだ自切を経験したことがない個体です。
 写真は顔にピントが合っていますが、完全尾の個体は尾に白い帯が入ります。

オビトカゲモドキ(完全尾)
オビトカゲモドキ(完全尾)

 しばらく車を走らせると、次は自切の経験がある再生尾の個体に出会いました。
 再生尾の場合、白い帯は不規則になり、まだら模様が入る個体もあります。
 また、尾が太くなる傾向にあります。

オビトカゲモドキ(再生尾)
オビトカゲモドキ(再生尾)

 この日は、子どもたちと一緒だったため、きっとよい経験になったことでしょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。