祝!世界自然遺産登録

 2021年7月26日、「奄美大島・徳之島・沖縄島北部および西表島」が世界自然遺産に登録されました。
 奄美大島出身者として、小さな頃から生き物大好き少年だった私にとって、地元の自然が世界から認められたというのは嬉しい限りです。
 キーワードは「生物多様性」、国際的にも希少な固有種に代表される生物多様性保全上重要な地域ということで、登録に至りました。
 IUCNからの「登録延期」勧告、新型コロナによる世界遺産委員会の延期など、登録まで足かけ18年の道のりではありました。
 世界自然遺産に登録され、まさにこれからがスタートではありますが、本日は喜びに浸ろうと思います!

 奄美大島・徳之島固有のアマミノクロウサギ。

アマミノクロウサギ
アマミノクロウサギ

 徳之島固有のオビトカゲモドキ。

オビトカゲモドキ
オビトカゲモドキ

 沖縄島北部固有のヤンバルクイナ

ヤンバルクイナ
ヤンバルクイナ

 八重山諸島固有のカンムリワシ。(イリオモテヤマネコは掲載するほどの写真がありませんでした)

カンムリワシ
カンムリワシ

 これらの生き物に代表される4島の動植物を、これからも発信していきたいと思います!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

ツルウリクサ