アマミイシカワガエル

 先日、夜の山に行ってきました。
 奄美大島には多くの夜行性動物が生息しており、年間を通して様々な営みが観察できます。
 この日は雨が降っていて、深い霧に覆われていました。
 夜間の林道は多くの希少動物が活動場所とするので、ロードキルを避けるために、ゆっくりと走行する必要があります。
 林道沿いの沢には、アマミイシカワガエルがいました。

アマミイシカワガエル
アマミイシカワガエル

 アマミイシカワガエルは、地球上で奄美大島だけに分布する固有種です。
 国内希少野生動植物(環境省)及び鹿児島県の天然記念物に指定されており、環境省レッドリスト2020では、絶滅危惧ⅠB類(EN)に選定されています。
 夏場の昼間は、樹洞の中で休息している姿を見かける機会が多くなります。

樹洞にいるアマミイシカワガエル
樹洞にいるアマミイシカワガエル

 また、沖縄島では黄色色素が欠乏した青色の個体が確認されています。
 特に小型の個体で多く確認されているようです。

オキナワイシカワガエル色素変異個体
オキナワイシカワガエル色素変異個体

 私が知る限り、奄美大島では2例の青色の個体が確認されています。
 「日本一美しいカエル」ともいわれるアマミイシカワガエル、これからの繁殖シーズンが楽しみです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

オオバカンアオイ

次の記事

亜種ヒシクイ