サシバ

 秋の始まりとともに奄美大島を通過していくアカハラダカに続き、サシバもやってきました。
 今年は天候条件がよかったからか、タカの渡りは例年よりも早めだったように感じます。
 なかなか大きな群れに出会うことができませんが、4羽で上空を旋回している個体がいました。

サシバ
サシバ

 近くを飛翔する個体も!

サシバ
サシバ

 小学生の頃からよく知っていた鳥。
 運動会の練習中に鳴き声を発しながら、上空を旋回していた様子は、今でも鮮明に覚えています。
 奄美大島では身近で代表的な冬鳥ではありますが、環境省レッドリスト2020では、絶滅危惧Ⅱ類(VU)に選定されています。
 日が暮れるのも早くなり、サシバの鳴き声が聞こえ、秋の訪れを感じさせられます!
 次回もサシバの続きを投稿予定です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

オキナワスズメウリ

次の記事

サシバ(暗色型)