オキナワスズメウリ

 トカラ列島から琉球に分布するウリ科のオキナワスズメウリ。
 林道沿いに群生地を発見しました。(手元に広角レンズがなく、写真はありません。。)
 実は緑色もしく赤色で白い縦線が入ります。熟すと赤色になります。
 小さなスイカのように見える可愛らしい実で、私の周りではわりと人気があります。

オキナワスズメウリ(実)
オキナワスズメウリ(実)

 私の手元にある図鑑には書かれていませんでしたが、実には毒性があるといわれることもあります。
 2019年10月には、花も実もつけた株がありました。

オキナワスズメウリ(花)
オキナワスズメウリ(花)

 集落周辺の藪になっている場所や、海岸沿いの林に生育していることが多いです。
 繁殖力が強く、実も可愛らしいことから、園芸植物としても人気があります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ヒラヤマメナガゾウムシ

次の記事

サシバ