オオトラツグミ(若鳥)

 森の中を歩いていると、目の前に現れたオオトラツグミ。
 今年生まれた若い個体です。
 警戒心している様子もなく、落ち葉をどかしながら、エサを探していました。

オオトラツグミ(若鳥)
オオトラツグミ(若鳥)

 ルリカケスの鳴き声が聞こえてくると、頭を上げて周囲を見渡していました。

オオトラツグミ(若鳥)
オオトラツグミ(若鳥)

 この個体を観察しながら、近くではアカヒゲも鳴き、少し離れた場所では、オーストンオオアカゲラがドラミングをしていました。
 日々の疲れが一気に吹き飛ぶほどの元気が湧いてきました。
 オオトラツグミは奄美大島固有種で、絶滅が危ぶまれていたほど、個体数が少ない時期もありました。
 最近は分布域が拡大していて、観察頻度も増えてきています。
 元気に育ち、繁殖するまでに成長してほしいものです!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

アマミミヤマクワガタ

次の記事

サキシマハマボウ