コモウセンゴケ

 宮城県以南に分布するコモウセンゴケ。
 葉先の繊毛から出る粘液で、小さな昆虫などを捕まえる食虫植物。
 なかなか花に巡り会えず、久しぶりに撮影することができました。
 晴れた日の午前中に開花する1日花です。

コモウセンゴケの花
コモウセンゴケの花

 基本的にはピンク色の花を咲かせますが、稀に白色の花を咲かせる株もあります。

コモウセンゴケ(白花)
コモウセンゴケ(白花)

 小さな昆虫を栄養源とするため、他の植物が生育できないような岩肌でも暮らすことができます。

Follow me!

コモウセンゴケ” に対して2件のコメントがあります。

  1. 里村 強志 より:

    ご無沙汰です
    偶然、サイトを見つけましたが、勉強になります。自然遺産登録も間近に迫っていますが、益々のご活躍を期待しています。

    1. TH より:

      コメントありがとうございます。
      世界自然遺産の登録がほぼ確実なものとなりましたね!また何かのタイミングでお会いするのを楽しみにしています(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。