アマミハナサキガエル

 少し前、とある沢に入って、アマミハナサキガエルを撮影しました。
 アマミハナサキガエルは奄美大島と徳之島の固有種で、鹿児島県の天然記念物及び奄美大島5市町村の希少野生動植物に指定されています。
 この沢では、それなりの個体数が集まっていました。(もう、集団繁殖は終わっています)

アマミハナサキガエル(茶色)
アマミハナサキガエル(茶色)

 性別や生息環境に関係なく、茶色と黄緑色の個体がいます。両色が混ざった個体もしばしばみられます。同じ場所には、濃い黄緑色の個体もいました。

アマミハナサキガエル(黄緑色)
アマミハナサキガエル(黄緑色)

 繁殖モードの個体もいました。

抱接するアマミハナサキガエル
抱接するアマミハナサキガエル

 カエルが繁殖する沢には、ヒメハブやガラスヒバァがつきものです。

ヒメハブ
ヒメハブ

 アマミハナサキガエルは天然記念物に指定されているカエルの中では、圧倒的に見かける機会が多いです。林道上でも姿勢よく構えていることが多く、ジャンプ力にも優れています。
 
 今日は平地でも10度を下回る予報がでています。標高の高い場所では、雪が降るかもしれませんね~!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ヘツカリンドウ

次の記事

トラツグミ