タイワンハクセキレイ

 いくつかの亜種に分かれるハクセキレイ。
 この春は、さまざまなハクセキレイとの出会いがありました。
 先日紹介したメンガタハクセキレイは初撮影でしたが、わりと見かけるのはタイワンハクセキレイ。
 先週末は島内あちこちの芝生で観察できました。

タイワンハクセキレイ
タイワンハクセキレイ

 タイワンハクセキレイの特徴といえば、
 ①過眼線がある(=嘴から眼を通る黒い線がある)
 ②体の上部の色(頭部は黒いが、背中は灰色)
 ③喉の部分の黒色が嘴まで到達する

 この芝生には5個体ほどのタイワンハクセキレイが混ざっていました。
 この写真でも、はっきりと特徴が見て取れます。

タイワンハクセキレイ
タイワンハクセキレイ

 奄美大島で見かける最も身近な冬鳥であるハクセキレイ。
 ついつい丁寧に観察することを怠ってしまいがちですが、渡りの季節には思わぬ出会いもあるのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。