ビロードボタンヅルの花

 あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。

 2022年最初の記事は、今年最初に撮影したものにしようと決めていました。
 箱根駅伝を見ながら考えた結果、ビロードボタンヅルにしました。
 奄美大島では自生地が少なく、先輩に教えてもらうまでは1~2回しか見たことがありませんでした。

ビロードボタンヅルの花
ビロードボタンヅルの花

 昨年よりも群生していないように感じましたが、高いところにはたくさんありました。
 つる性の植物で、近くにはリュウキュウウマノスズクサもびっしり!
 まだ満開は先のようで、蕾もたくさんありました。
 ビロードボタンヅルは花の形が好きで、ここ最近の1月の楽しみにもなっています。

ビロードボタンヅルの花
ビロードボタンヅルの花

 2021年、私が何かしら生き物を撮影したのは「124日間」でした。
 2022年も仕事や子育てを頑張りつつ、ライフワークでもある生き物の観察・撮影にも繰り出そうと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

2021年の思い出

次の記事

オオバルリミノキ