サシバの大群(徳之島)

 自分でも予想していなかった3回連続のサシバ記事となりました。
 徳之島の子どもたちと一緒に林道で生き物観察会の途中。
 上空に4羽のサシバが旋回。やがて5羽、6羽と増えました。

サシバ
サシバ

 これは一気に渡りが始まるのではないか?と期待していると、上空には50羽以上の群れ。
 1枚の写真に42羽入っているものもあったので、おそらく80~100羽ほどはいたと思われます。

サシバの大群
サシバの大群

 サシバの大群の中には、1羽だけミサゴも混ざっていました。
 ちょうど南下するサシバの群れが見られる時期だったので、少しばかり期待はしていました。
 しかし、まさかこんな場面に出くわすとも思っていなかったので、とても嬉しい出会いでした!
 ものの1分ほどで上昇気流に乗って、はるか上空へ上がり、南へと飛んでいきました。

 サシバが絶滅危惧種と聞いて、驚いていた子どもたち。
 徳之島の方々の日頃からの活動により、子どもたちは自然の楽しみ方がとても上手でした。
 私は最後尾を歩いていましたが、途中からは怒涛の質問ラッシュ。
 わかる限りのことは答えつつも、鋭い質問が多々ありました。
 まだまだ勉強不足を痛感させられましたが、子どもたちの自然を見る目は、今後の参考にもなりました!
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

サシバ(暗色型)