オキナワハクセンシオマネキ

 奄美大島の干潟で最も観察しやすいシオマネキといえば、、オキナワハクセンシオマネキ。
 どこの干潟に行っても、多くの個体を見かけます。
 人が近づくとすぐ巣穴に入りますが、1~2分その場でじーっとしていると、警戒しながらも巣穴から出てきます。

オキナワハクセンシオマネキ
オキナワハクセンシオマネキ

 それぞれの個体を観察していると、オスの大きなハサミが右だったり左だったり、甲羅の模様が全く違ったり、ハサミの色も黄色っぽいものから白いものまで、様々な違いを感じることができます。
 下の写真は一生懸命、ハサミを振っていた個体です。あまりにも高く上げすぎて、後ろに倒れちゃんじゃないかと心配しましたが、そんなことはありませんでした。

オキナワハクセンシオマネキ
オキナワハクセンシオマネキ

 奄美大島には7種のシオマネキの仲間が分布しています。これから随時紹介していきます!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

アマミノコギリクワガタ

次の記事

ガラスヒバァ