オオゴマダラ(喜界島)

 先日、初めて喜界島へ行ってきました。
 喜界島と言えばオオゴマダラ、1971年~1972年頃に初めて確認された島を象徴するチョウです。
 羽を広げると大きさは15センチほどにもなり、ゆらゆらと飛ぶ姿が印象的でした。
 時期が少し遅かったのか、その姿を見つけるまでには時間がかかりました。

オオゴマダラ
オオゴマダラ

 帰り際、ご案内いただいた方と最後に立ち寄った場所では、オオゴマダラの蛹。
 金色の蛹は、思っていたよりも環境になじんでいました

オオゴマダラの蛹
オオゴマダラの蛹

 どうしても撮影したかったオオゴマダラ、存分に楽しませてもらいました。
 ちなみに喜界町では、「オオゴマダラ保護条例」が制定されているため、捕獲等は禁じられています。
 来年の春は、喜界島固有種「ヒメタツナミソウ」の撮影へ行く予定です。

 今回、喜界島へ行ったのは、夏季特別企画講演会でお話をするためでした。
 その様子が南海日日新聞にも掲載されましたので、是非ご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。