アマミカヤラン

 ごく限られた場所だけにひっそりと咲かせるアマミカヤラン。
 環境省レッドリスト2020では絶滅危惧ⅠA類(CR)、奄美大島5市町村の希少野生動植物に選定されています。
 かつては「ケイタオフウラン」という台湾の地名が入った名前でしたが、現在はヒマラヤに分布するランと同種とされ、「アマミカヤラン」に変更されました。日本では奄美大島だけに分布します。
 やはり「アマミ」というワードが入っていると、島人(しまっちゅ)としては嬉しいものですね♪

アマミカヤランの花
アマミカヤランの花

 例年は今頃が満開なのですが、今年は開花が早く、もう花は咲き終わっていると思います。
 この株は小さな木に着生しているにも関わらず、7つも花をつけていました。

 目線高に2つの花を咲かせた株がありました。

アマミカヤランの花
アマミカヤランの花

 日本では奄美大島だけに生育する希少なラン、毎年春の楽しみの一つです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

リュウキュウツバメ

次の記事

アマミイナモリ