アマミナツトウダイ

 春先に開花する奄美大島固有のアマミナツトウダイ。
 奄美大島に生育する希少な植物は、深い森に多いイメージだと思いますが、本種は海岸近くに生えます。
 個体数は非常に少なく、環境省レッドリスト2020では絶滅危惧ⅠA類(CR)、奄美大島5市町村の希少野生動植物に選定されています。

アマミナツトウダイの花
アマミナツトウダイの花

 トウダイグサ科特有の杯状花序。

アマミナツトウダイの花②
アマミナツトウダイの花②

 枝を折るとしみ出てくる白い乳液は、毒があるようです。条例で採取等が禁止されていますので、試すことはできません。
 私が知っている他の自生地はまだ咲き始めだったので、3月下旬頃に再度覗きに行ってみます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

満開のオキナワチドリ