【番外編】2021年の幕開け

 皆様、明けましておめでとうございます。2021年も奄美大島の動植物を中心に、様々な情報を発信いたします。よろしくお願いいたします。

 元旦は何かと忙しく、フィールドへ出る時間がとれないので、これまでに撮影したもので正月っぽい写真を探してみました。真冬の北海道で撮影したオジロワシ、国後島を背景に撮影しました。

国後島バックのオジロワシ
国後島バックのオジロワシ

 同じく北海道で撮影したタンチョウ。奄美大島ではみられない光景に大興奮しながら、撮影したことを覚えています。

タンチョウ
タンチョウ


 こちらは日本最大のツル越冬地としても知られる鹿児島県出水平野で撮影したワンカット。朝陽が昇り始める頃に、エサを求めて農耕地へ移動します。奄美大島で初記録されたカナダヅルはもういなくなってしまったようなので、きっと出水平野でツルの大群に合流したのでしょう。

朝陽バックのツル
朝陽バックのツル

 新型コロナウイルス感染症の終息がなかなか見えてこない状況ではありますが、ブログを読んでくださっている皆様にとって、素晴らしい1年になりますように!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

【番外編】2020年の思い出