ナンゴクアオキ

 先日、森の中を歩いていると、ふと目に入ってきたナンゴクアオキ。
 奄美大島では、標高の高い山地に生育しています。
 葉は大きくギザギザしているので、葉だけを見ても容易に識別することができます。
 2センチくらいの真っ赤な大きな実がたくさんついていました。
 ここまでたくさんの実をつけているのは初めてみました。

ナンゴクアオキ(実)
ナンゴクアオキ(実)

 そして、向かい側には花が咲いている株もありました。
 大きくて目立つ実とは真逆で、花は小さくて目立ちません。

ナンゴクアオキ(花)
ナンゴクアオキ(花)

 3月もあっという間に6日が経過しました。
 これからの季節は、最も動植物が楽しめる時期です~!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

初観察!メジロガモ