リュウキュウオオコノハズク(沖縄島北部)

 沖縄島北部(やんばる)は第2回。
 奄美大島で暮らしている身として、やはり観察したいのは沖縄固有の生き物。
 今回は、幸運にも2晩ともに、リュウキュウオオコノハズクと出会うことができました。
 沖縄島には、奄美大島でみられるRコノハズクとRアオバズク+Rオオコノハズクが分布しています。
 ※Rはリュウキュウを略しています。

リュウキュウオオコノハズク
リュウキュウオオコノハズク

 やんばるの森では、暖かい季節はRコノハズク、寒い季節はRオオコノハズクと出会う確率が高くなるような気がします。
 私の勝手な推測どおり、この2晩ともRコノハズクとの出会いはありませんでした。
 こちらは今年の8月に奄美大島で撮影したRコノハズク。

リュウキュウコノハズク
リュウキュウコノハズク

 RコノハズクとRオオコノハズク、いくつか見た目の違いがあります。(下記参照)

虹彩の色大きさ足の指
リュウキュウオオコノハズク赤(オレンジ)約24㎝毛がある
リュウキュウコノハズク黄色約22㎝毛がない
リュウキュウオオコノハズクとリュウキュウコノハズクの違い(※足の指の毛は上の写真からはわかりません)

 ちなみに、奄美大島には渡りの途中でオオコノハズクが立ち寄ることがあります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。