イソマツとキバナノイソマツ(徳之島)

 前回のアオカナヘビを観察した後に下りた海岸、お目当てはキバナノイソマツ。
 別名はウコンイソマツ、何だかこちらの方が聞き慣れているような気がします。
 奄美大島にも分布していると聞いたことがありますが、私はまだ観察したことがありません。
 海岸の岩場の隙間などに生育するイソマツとキバナノイソマツですが、この場所はほとんどがイソマツでした。
 とことんイソマツを観察して、ようやくキバナノイソマツを発見!

ウコンイソマツ
キバナノイソマツ

 どちらも時期が遅かったようでほぼ花が終わっていました。イソマツの写真は昨年奄美大島で撮影したものです。

イソマツ
イソマツ

 イソマツやキバナノイソマツは、解熱や止血などに使われるようです。
 徳之島や沖永良部島にはたくさん生育していましたが、環境省レッドリスト2020では絶滅危惧Ⅱ類(VU)に選定されています。
 海沿いの植物はまだまだ観察・撮影できていないものが多いので、定期的に海岸歩きを計画しようと思います。
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。