ツマベニチョウの幼虫

 ツマベニチョウは九州南部以南に分布するチョウです。
 奄美大島では見かける機会が多く、生き物にそれほど興味のない人であっても、一度は見たことがあると思います。

ツマベニチョウ
ツマベニチョウ

 この時期、ツマベニチョウの幼虫は、食樹のギョボクで観察することができます。

 1本のギョボクに5匹以上の幼虫がついていて、成長段階も様々です。
 幼虫は成長してくると、ヘビのような見た目になります。

ギョボク
ギョボク
ツマベニチョウの幼虫
ツマベニチョウの幼虫

 私がこれまでに撮影してきたヘビ類の中から、ツマベニチョウの幼虫に似ているものを探してみました。
 あまりピンとくる種はいなかったのですが、強いて言うならばスリランカで撮影したこのヘビだと思います。

ムチヘビの仲間(スリランカ)
ムチヘビの仲間(スリランカ)

 今回観察しているギョボクは、まだしばらくの間幼虫が観察できそうなので、引き続き観察していきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ヤエヤマセンニンソウ

次の記事

珍しいツル2種が渡来