今年初撮影のミサゴ

 

枝で休息するミサゴ
枝で休息するミサゴ

 海岸線を車で移動していると、妻が枯れ木に止まっているミサゴを発見しました。
 ミサゴは大きさが54~64センチ、翼を広げると155~175センチにも及ぶ大型のタカの仲間です。
 奄美大島に毎年やってくるタカの仲間では最大で、サシバよりも明らかに大型です。
 海や川の近くを飛翔していることが多く、下から見るとサシバなどの他のタカの仲間よりも白く見えます。

 海上を旋回しながら獲物を探し、発見すると急降下して海へ飛び込み、魚を捕まえます。
 これまでにブダイやニザダイの仲間、ボラなどを捕らえている姿を見たことがあります。
 魚を持ちながら飛翔するミサゴの姿は、何度見ても興奮します。

ブダイを捕まえるミサゴ
ブダイを捕獲した直後のミサゴ
飛翔するミサゴ
ブダイを持ったまま移動するミサゴ

 ミサゴは大型の魚も捕まえますが、時には獲物の力に負けて、溺死することもあるようです。
 
 また、ミサゴの英名「Osprey」は、オスプレイの由来にもなっています。
 ミサゴが上空を華麗に旋回し、ホバリングや急降下するなどの機動性があることから、名づけられたのでしょう。

ミナミイスズミを捕獲したミサゴ
ミナミイスズミを捕獲したミサゴ

 今年はどのような魚を捕まえる姿が見られるのか、私の冬の楽しみの一つです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

身近な冬鳥ジョウビタキ